女性との会話での上手い褒め方


褒めるという行為はプラスのイメージがありますが、ポイントを絞らずに何でもかんでも褒めると、かえって胡散臭い印象を与えます。女性との会話においてもそうです。

例えば女性との会話で顔を褒める際、「美人だね」「可愛いね」といった曖昧な褒め方は、あまり適切とはいえません。目がキレイなのか?耳が可愛いのか?髪型が似合うのか?ポイントを絞って褒めた方が女性に喜ばれます。

ただし、その女性が拘っているであろうポイントを正確に見極めて褒めなければ意味がありません。ファッションに疎い女性との会話の中で「その服可愛いね」と褒めたりだとか、化粧に気を使わない女性に対して「そのメイクいいね」と褒めたところで、喜ばれるどころかむしろ逆効果にさえなります。


メールの一文を変えるだけで女性を口説き、虜にする方法
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。